ヒプノティック・ライティング 顧客を呼び込む35年、不動の原則

病気を寄せ付けない「超免疫力」をつける食事術 SUPER IMMUNITY
通常価格3,700円
特別価格2,980円(税抜)
送料無料(0円)
【ご注意】書店での販売はなく、当サイトのみの販売になります。また、この書籍は和訳書です。日本語でお読みいただけますので、ご安心ください。
お届けまでに1~3営業日いただいております。

病気を寄せ付けない「超免疫力」をつける食事術 SUPER IMMUNITY

累計500万部突破のベストセラー作家
医学博士 白澤卓二先生 推薦!!
「先を越された!医師として研究者として、
私自身がこれから書きたかった本である。」

お茶の水健康長寿クリニック院長の白澤卓二です。
この本を一読して驚きました。

医師として、研究者として
「先を越された!」という思いに打ちのめされたのです。

この本には、著者ファーマン先生自身が診療・治療にあたって健康を回復した1万人を超える人たちの喜びの声をもとに、独自に編み出した“健康方程式”を用い、何をどう食べれば病気にならない“超免疫力”が身につくか具体的に示されています。

また、風邪、インフルエンザ、ガン、リウマチ、心臓病、老化に伴う疾患など免疫の機能が下がることにより発症する病気の発症機序を栄養学的な観点から見事に解説しています。

これまでになかった栄養学の視点は、まさしく「SUPER IMMUNITY(超免疫力)」というタイトルにふさわしいファーマン理論に基づいています。

バランスのとれた栄養学の原典として皆様にぜひお勧めしたい。

お茶の水健康長寿クリニック院長 白澤卓二
白澤抗加齢医学研究所 所長 医学博士
お茶の水健康長寿クリニック 院長
千葉大学 予防医学センター 客員教授
白澤卓二
Takuji Shirasawa
PROFILE

1958年神奈川県生まれ。白澤抗加齢医学研究所所長、医学博士、お茶の水健康長寿クリニック院長。ResidenceofHope館林館長。千葉大学予防医学センター客員教授。
1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。1990年同大大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。2007年から2015年、順天堂大学大学院医学研究科加齢制御医学講座 教授。日本ファンクショナルダイエット協会理事長、日本アンチエイジングフード協会理事長、アンチエイジングサイエンスCSO。

テレビ出演

NHK Eテレ「団塊スタイル」
NHK「あさイチ」
NTV「世界一受けたい授業」
テレビ朝日「林修の今でしょ!講座」
テレビ朝日「中居正広のミになる図書館」
テレビ朝日「モーニングバード」
TBS『健康カプセル!ゲンキの時間』
TBS「はなまるマーケット」
TBS「この差って何ですか?」

TBS「ビビット」
TBS「あさチャン」
テレビ東京「L4 YOU(エルフォーユー)」
テレビ東京「よじごじDays」
テレビ東京・日経スペシャル「未来世紀ジパング」
テレビ東京「ソレダメ!」
フジテレビ「アゲるテレビ」
フジテレビ「バイキング」

日本テレビ「シューイチ」
BS朝日「医療の現場」
BS朝日「午後のニュースルーム」
BSフジ「PRIME  NEWS」
BSジャパン「日経プラス10」」
BSフジ「華大の知りたい!サタデー」
NHKBSプレミアム「偉人たちの健康診断」
MXテレビ「モーニングCROSS」

あなたの命に関わる“病気の原因”を
“知らなかった”で済ませるのですか?

「病気になりたいですか?」

あなたが病気になりたくないと心底願うならば…

今からお話する内容を知らず、日々を過ごすのは、あまりにもリスクが大き過ぎる。と私は思うのです。

WHO(世界保険機関)の事務局長、中島宏氏は言いました。
「われわれは、今や地球規模で感染疾患による危機に瀕している。」

このように世界的に信用力のある第三者機関が発表した事実を知っても、 柔軟に対応できない現代人が実に多いことか…

語弊を恐れずに言うならば【無知こそ最大の病】だと思います。情報格差によって病気になってしまう人がいるのは悲しい事実です。

あなた自身はどうでしょうか?
あなたの、両親や子供、家族、仲間はどうでしょうか?

「いまのまま生活を続けていれば病気にはならない。」と自信を持って答えられますか?

まだ、気付いていないかもしれませんが…

新種のウィルス、ガン、糖尿病、心臓病、脳閉塞…あなたは、常に数え切れないほどの病気リスクと隣り合わせなのです。

ただ、知っていれば防げた病気、失わずに済んだ命があることは科学的に証明された事実です。

ウィルスや病気に
感染しないカラダとは?

なぜ、病気になってしまうのか?
そのプロセスは、実にシンプルです。

現代人の悪しき食習慣により免疫力が下がる。
その結果、病気になる。

え?本当に、それだけ?

本書を読めば、嫌になるほど食事と病気の関係性が分かります。そして、今まであまりにも無防備な生活をしてきた自分にハッと気づくはずです。

逆に言うと、正しい食事術を身につければ免疫力があがる。(超免疫になる)その結果、病気を寄せ付けない。ということになります。

あなたの免疫力を“超免疫力”(通常の免疫力の2~3倍のこと)にできれば、インフルエンザなどの感染症だけではなく、ガンからもカラダを守れるのです。

例えば、それが新種のウィルスであっても毒性の強い鳥インフルエンザであっても…健康な免疫システムには歯が立たないということが科学的に証明されています。

その事実を知っていましたか?

ウィルスが流行ると、決まってメディアは手洗いうがいをしましょうと発信します。しかし、それは本質ではありません。

もし、私がメディア側の人間ならば…
「免疫力をあげましょう!」と発信します。

なぜなら、人間に備わった免疫システムが優れていることを知っているからです。

例えば、アメリカ人の死因の40%が心臓発作と脳卒中、30%がガンによるものですが、これらの死亡事例を紐解いてみると、栄養状態がよければ防げたものなのです。

つまり、免疫力低下が招いた結果だということです。普段の食事に少しだけ知恵が加わるだけで恐ろしい病気が回避できるのですが…。

それでも恐ろしい病気から逃げない人がいるのは、目の前から正面衝突してきそうなトラックが見えるのに回避しないという選択をするに等しい行為だと思います。

今、きっとあなたはこう想ったはずです。

「ファーマン医師、どんな食事をすれば“超免疫力”をつけられますか?」

病気を寄せ付けない
超免疫力をつける食事術

あえて、誰にでも分かるようにお伝えします。

現在の栄養科学では多数の証拠が示されていますが、「健康なものを食べれば健康になる。そうでないものを食べれば病気になる」のです。

私たち人類の生存率を調べてみると、人類の生存はこの大地に育つ食べ物の健全性と質にかかっていると分かります。

つまり【食べ物の健康状態=私たちの健康状態】という公式が成立します。

あなたの体は、あなたの食べたものでつくられているのですから、私たちは、食べ物そのものなのです。

病気になったことがあるならば、一度は思ったことがあるかと思いますが…

「病気になる前に、もっと早く食習慣を改善しておけばよかった…。」などと、命に関わる病気になってから気付いても遅いのです。

もし、あなたが賢い人ならば気付いた時に今すぐ実践してください。

多くの日本人はお手軽なファーストフードや加工食品を食べ、自らの免疫力を低下させて病気になっていきます。

更にいうと、間違った栄養学を鵜呑みにし、“間違いだらけの健康生活”を送っている人すら多くいるのです。

闇雲にサプリメントに手を出してみたり、テレビで特集された食事法を盲目的に試してみたり、そんな人がいかに多いことか…。

だからこそ、本書に価値があります。

なぜなら、本書はバランスの取れた栄養学の原典のような存在だからです。言わばすべての食事術の根本にある理論を学べます。

それも、10000人を救ってきた医師の解説入りで。

あなたに理解して頂きたいのは、

『あなたに必要なのは、正しい食事術を知ることです。』
ということです。

決して難しくありません。
特別なことをする必要もありません。

・何を食べるか?何を食べないか?
・どういう料理法で食べるか?
・どのくらいの量を食べるか?

ポイントになるのは、たったこの3つです。

特に重要なのは、何を食べるか?何を食べないか?です。

なぜなら、本当に幸運なことに食べるものによって免疫力を上げることも下げることもできるからです。

注目すべきなのは、コントロール可能だということです。

では、具体的にどういった食事、どういった成分を摂ればよいのか?

あなたが、病気になりたくなければ●●●●●●●●の力を活用した方が良いです。

1番大切な
●●●●●●●●とは…?

繰り返しになりますが、本当に大切なのは「何を食べるか?」です。

何を食べれば免疫力があがるか分からない人は、なんとなく野菜と肉をバランス良く食べればいいやくらいに思っているかもしれません。

本当に、無知は最大の病です。
「勘違いや思い込みでした。」と病気になってから言っても遅いのです。

例えば、ファーマン理論に基づくと鶏肉はクッキーとあまり変わらない存在だったりします。この本を読めば、自分の頭の中の常識がガラリと変わることになります。

今までの常識が崩れ落ち、新常識に脳内をアップデートしてくれます。
そして、一番注目して頂きたいのは具体的になにを食べればよいか?分かります。

●●●●●●●●の正体・・・

「それは、ファイトケミカルを多く含むものを食べて下さい」ということ。人類の栄養学において過去50年で最大の発見とも言えます。

ファイトケミカルとは、植物に含まれる有効成分のことです。緑色野菜に多く含まれています。

このファイトケミカルこそが、あなたの免疫力を“超免疫力”にし、風邪、ガン、インフルエンザ、リウマチ、心臓病、老化などのリスクから体を守ってくれる凄い成分です。

その証拠に、野菜を豊富に摂っている民族ほど、ガンの羅漢率が低いというデータがあります。また、歴史を振り返ってみても、長寿民族=野菜の多い食生活をしている民族だと言えます。

206以上にもおよぶ疫学研究の報告に目を通した結果、生の緑色野菜を摂ることが、ガンの減少と強い因果関係を持つことが分かっています。

その一部の事例を紹介させてください。

全米10000人を救った
Dr.ジョエル・ファーマンの『健康方程式』とは?


私は、過去20年において1万人の患者さんを、微量栄養素の食事法で治療してきました。その臨床経験によって、この療法が広範囲の深刻な健康問題に対し驚くべき治療効果を発揮することが実証されています。

ぜんそく、アレルギー、心臓病、そしてガンに対して、すばらしい臨床成果を見てきました。そして、何千という人たちが健康長寿を達成しているのを見てきました。その一例をご紹介します。

「免疫回復で7キロの減量に成功、頭の回転も驚くほどよくなる。」
ローラ・カミンスキーさん

私は、花粉、芝生、木、ブタクサ、猫に対するアレルギーがあり、慢性的に鼻が詰まっていました。抗ヒスタミン剤の服用、そして抗生物質を繰り返し使用したことで、尿路感染症と細菌性副鼻腔炎にもかかってしまいました。

さまざまな食事療法で減量も試みましたが、我慢がつらく、食べることに対する自責の念にかられてばかりでした。まだ、30代だというのに、いろいろな病気、さまざまな薬を次から次へと渡り歩いていました。

しかし、先生の本を読み、ようやくすべてが腑に落ちるようにわかってきました。私は免疫機能が弱いのだということに気付いたのです。かねてからの念願だった約7キロの減量に成功し、数週間のうちに頭の回転が驚くほどよくなり、胃の不調がおさまりました。しかし1番感動したのは、その6ヶ月後、アレルギーがなくなっていると気付いたときです。

ついに呼吸がスムーズにできるようにない、アレルギーも、副鼻腔炎も、しょっちゅうかかっていた尿路感染症も、消えていたのです。薬もいらなくなりました。最高の健康状態を維持するためには何が効果的なのか、その解決法を見つけたのです。

ローラ・カミンスキーさんは、適切な栄養摂取によって免疫機能が修復され、最高の状態になることを示してくれる素晴らしい例です。

“超免疫力”を食事の改善によって手に入れることで、人生において、最も大切で価値がある健康を手に入れることに成功したのです。

これは、ローラ・カミンスキーさんにだけ言えることではありません。

「信じられますか? これが『超免疫力』の奇跡です! 」
エミリー・ボラーさん

思い起こせば、私がファーマン先生と健康改善の道を歩みはじめたのは2年半前でした。

私はそれ以来、なんと約45キロ痩せただけでなく、風邪やインフルエンザなど、ウイルス性の病気にまったくかからなくなりました。

30年以上にわたって、毎年冬になるとひどい気管支炎を患い、ひどい咳が6週間止まらなかったことを考えると、この解放感は本当にすばらしいものです。肥満やがん、2型糖尿病、心臓病を防ぐという評価以上の効果を実感しています。

「ファーマン先生の健康法は本当に効果的でやりがいがある。これ以外の方法で生きていくことは考えられない」
パム・スワロウさん

児童作家のパム・スワロウさんが私の助けを求めてやってきたのは、1997年。肺や腹部にまで転移した、移転性卵巣がんの告知を受けてのことでした。呼吸を維持するために、肺にたまった水を抜かなければならない状態でした。

パムさんは通常ならば命に関わるこの病気と闘うために、できることはなんでもしようという覚悟を持っていました。この種のがんでVI 期(初めて会った当時)というと、生存率はたったの10%、10年生存率はさらに低いとされています。

それはVI期の卵巣がんは外科手術による摘出はむずかしく、残存腫瘍を完全に取り除く化学療法もないからです。 パムさんは数人の医師から残された方法は化学療法とさらなる手術だけだと、すでに告げられていました。

彼女自身は治すためには免疫機能を強化することが大切と考え、いろいろと調べた末に私のところへ紹介されてきたのです。

免疫機能がどのようにがんに立ち向かうのか、再発の際、どのようにがん細胞を見分けて攻撃するのかといったことを、時間をかけて話すうちに、パムさんは生き延びられる可能性を感じはじめたらしいのです。

結局卵巣がんの化学療法を受けましたが、それで具合が悪くなると微量栄養素たっぷりの緑色のシェイクを作りました。

夫婦で有機野菜の栽培もはじめ、大型の冷凍庫を買って食べ切れない野菜を冬に備えて冷凍しました。そして、パムさんは統計をくつがえしてしまったのです。

パムさんは、私が15年前に彼女のためにデザインした免疫強化プログラムを今でも実行しています。がんの再発はなく、優れた健康を維持しています。 「ファーマン先生の健康法は本当に効果的でやりがいある。これ以外の方法で生きていくことは考えられない」と言います。

私は、全米10,000人以上の方をファイトケミカル(植物に含まれる有効成分)によって救ってきました。

ぜひ、今すぐ始めてください。

避けようと思えば避けられた、悲惨な状況が生じてからでは遅いのです。
本書で紹介するのは、“超免疫力”の驚くべき効果を物語る事例ばかりです。

私は、すべての進行ガンがほとんどが治るとも主張するつもりはありません。ただ、幸運な事にパムさんのような劇的なケース、すなわち優れた栄養の力で長期生存が実現することを示す事例に出会った経験があるのです。

Dr.ジョエル・ファーマン

CONTENTS
Chapter-1
今、私たちは、かつてないほど感染症の危険にさらされている!
  • 「超免疫力」は、感染からだけでなく、あなたをがんからも守ります
  • まず「免疫システム」はどういうものかを知ろう
  • 医療を受けても解決しない
  • 「免疫」回復で7キロの減量に成功、頭の回転も驚くほどよくなる
  • 薬は毒!
  • 病気を寄せつけない「超免疫力」
  • 「超免疫力」を作る最新の栄養科学
Chapter-2
栄養学における偉大なる発見、ファイトケミカル
  • 健康に欠かせない「ファイトケミカル」とは
  • 「健康なもの」を食べれば「健康」になる
  • 意外な食べ物が「超免疫力」を生み出す
  • 今の食生活は危ない! 死を招く加工食品
  • 健康に極めて大切な「抗酸化物質」の性質と役割
  • 野菜 ── なかでも「青物」野菜を多く摂ること
  • なぜ、「免疫機能」が低下するのか
  • 「鶏肉」もクッキーと変わらない
  • ファイトケミカルをたっぷり摂ることが「がん」に勝つ最強の武器
  • 超免疫力を生み出す「スーパーフード」
  • 生命に関わる「ジャンクフード」革命
  • がんの急増をただちに食い止めるために
  • このままでは危ない! 間違いだらけの「栄養素」
  • 免疫力を高める野菜の「王様」── 緑色野菜
  • 「目のつけどころ」の問題
  • あなたのなかにある「すばらしい免疫」機能
  • 実は 98%の人が、病気のリスクを抱えている
  • ただちに「免疫力」をサポート、強化する食生活に切り替えよう!
  • 栄養状態が悪いと、ウイルスが「変異」する
  • 微量栄養素が「免疫力」を強化する
  • インフルエンザウイルスも「栄養状態」次第で
  • なぜ「肥満」なのに栄養失調?
Chapter-3
間違いだらけの医療常識。 薬物療法の恐るべき現実!
  • なぜ沖縄の人たちは長寿なのか
  • 栄養は「薬」では補えない
  • 「お菓子の国」の薬
  • 薬物療法の実際
  • 「悪の連鎖」には特に注意
  • 薬の「臨床試験」のとんでもないワナ
  • インフルエンザ予防接種の功罪
  • 「リスク対効果」比を慎重に決めることが重要
  • 「病気知らず」の私の子どもたちの秘密
  • インフルエンザにまつわる「その他の問題」
Chapter-4
「超免疫力」を引き出すスーパーフードたち
  • 大量に摂らなくても大きな効果をもたらすスーパーフード
  • 1万人以上の患者を「食事法」で治療
  • がん「遺伝子」説をくつがえす
  • からだは、感染症やがんに抵抗できるようプログラムされている
  • 胃がんの原因・ピロリ菌にも抵抗
  • 「アブラナ科」の効能を最大限に引き出す法
  • 命を救う「キノコ」類
  • 緑色野菜が「超免疫力」の王様なら、キノコは女王
  • 血管新生を阻止が、がんの予防・治療に有効
  • これほどすごい「タマネギ」効果
  • ベリー類の「驚くべき効用」
  • 「超免疫力」を作る「微量栄養素」革命
Chapter-5
砂糖、精白米、精白小麦粉。死を招く「白」
  • 数々の奇跡を起こしているファーマン博士の「健康方程式」
  • 間違いだらけの「カロリー」常識
  • 食事の質を決めるのは「色とりどりの野菜」の量
  • GL値が高い食事ほど糖尿病、心臓病、がん全般のリスクが高くなる
  • 健康によい「天然炭水化物」も加工されると値が落ちる
  • 「白い」ものを避ける
  • 「高脂肪食品」を賢く使う
  • 「地中海料理は健康によい」の本当の理由
  • ナッツ類を食べる人ほど「スリム」で「シャープ」
  • 誤解だらけの「タンパク質信仰」
  • 必要以上のタンパク質は脂肪に変わる
  • 骨密度や筋肉を増強するのはタンパク質でなく運動
  • 大豆は「動物性タンパク質」に最も近い
  • 「超免疫力」は動物性タンパク質を減らすことから
  • 「超免疫力」をつける5つの基本ルール
  • 加工食品、動物性食品は総カロリー10%未満に抑える
  • 「スーパーフード」べスト30の栄養素密度スコ
  • 「超免疫力」をサポートし、がんから身を守る超ヘルシーな食べ方
Chapter-6
「超免疫力」をつける正しい食べ方
  • 免疫力をつけるために「やっていいこと」「やってはいけないこと」
  • 最長寿の“ セブンス・デー アドベンティスト”の人々の食事
  • 現代人は総摂取カロリーの25%以上を動物性食品が占めている
  • 「ビーガン食」は最も健康的な選択肢
  • 「タンパク質神話」はもう捨てよう
  • 免疫力を高め、長寿を約束する「運動」法
  • ただ「歩く」だけではダメ
  • 市販の「ビタミン剤」はここに注意!
  • 特に妊娠中の女性は十分な緑色野菜と豆類を毎日摂る
  • 腸内の「有益菌」と「有害菌」
  • 抗生物質を年1回以上服用している人へ
  • 塩分の摂取──血圧以外の面でも危険な影響
  • 脳卒中、心臓発作ばかりでなく、骨粗しょう症、胃がんのリスク要因にも
  • 1日の理想的な上限は1000ミリグラム
  • 大豆は乳がんのリスクを低下させる
  • オメガ3脂肪酸──がんの成長を阻害し、脳や血管を守る
  • 魚は、他の食品に比べ汚染度が高いので要注意!
  • 「魚油」の大きな問題点
  • どんな栄養素でも過不足は害になる
  • 果物・野菜の賢い食べ方
  • 「超免疫力」と自己免疫疾患
  • 自己免疫疾患を「栄養」で治す方法
  • 「免疫反応」も抑制と均衡でコントロールされる
  • 私の患者さんが起こした「奇跡」の数々
  • あなたのからだには、驚くべき「治癒能力」が備わっている
Chapter-7
微量栄養素が豊富に摂れるメニュー&レシピ
  • とても簡単で、しかも「おいしい」レシピを!
  • 味のバラエティーを楽しむために──
  • 超免疫力をつける2週間「メニュー&レシピ」

著者紹介
訳者紹介

これだけの内容で、この「SUPER IMMUNITY」の値段はたったの3,700円(税別)です。さらに。

720円OFF!!


今なら2,980円でこの本を手に入れることが出来ます。

1ヶ月で考えると、1日わずか100円以下の投資です。
1年間絵考えると、1日わずか8.1円です。

1年間にかかる国民の医療費の平均は33万円ですから…本を読み、たった1回でも病院に行く回数が減れば元を取れる金額だと思います。

もちろん、この本に書かれている内容は1年間で使えなくなるものではありません。この本から得た知識は一生あなたの頭の中に残ります。

この本がきっかけで、仮に大きな病気を防ぐことができたとしたら…あなたの大切な家族を守れたとしたら…

本当に安いと思いませんか?

90日間返金保証

役立たなければ全額返金。
本を返送する必要もありません。

もし、この本を読んで役に立たなければ無条件で全額返金します。
電話1本、メール1通を頂ければ直ぐに対応します。

『UPDATE YOUR LIFE』
あなたの生活をアップデートする。

これは、私たちが掲げるミッションです。

私たちIMK Booksは、このミッションを実現するために世界中から本を厳選し、編集し、日本に住む人々へお届けします。

売れるか、売れないかという判断基準ではなく、“あなたの健康課題を解決できる本はどれか?”という視点で選書しています。

私たちは医者ではありません。

だから、当たり前ですが治療することは出来ないです。

でも、困っている人を助けるために本なら処方できます。

1人でも多くの方に、本を処方し『UPDATE YOUR LIFE』を体験するきっかけを届けるのが私たちの使命です。

とにかく、今すぐ本を手にとって1ページをめくって欲しい。そしたら、私たちの想いがあなたへ届くと信じています。

そのためなら、喜んで全額返金保証を付けようと決めました。私たちの自信と決意の現れだと感じ取って頂けると嬉しいです。

【ご注意】書店での販売はなく、当サイトのみの販売になります。また、この書籍は和訳書です。日本語でお読みいただけますので、ご安心ください。
お届けまでに1~3営業日いただいております。
著者
Dr. Joel Fuhrman
ドクター ジョエル・ファーマン
ジョエル・ファーマン

アメリカNo.1のファミリードクター。ペンシルベニア大学医学大学院卒業。米国生活習慣医学会理事。栄養療法の専門医として病気の予防、治療にあたり「奇跡」と呼ぶほどの目覚ましい成果をあげ、全米から絶大な信頼を得ている。10,000人余の患者の治療結果をもとに食事法、栄養学をアドバイスする医者である。

Customer Reviews

カスタマーレビュー
感染症や病気を防ぐ
★★★★★
健康に対するアプローチの方法についてシンプルでよく書かれている。食べ物について正しく選ぶことができるようになる。
Customer Voice
素晴らしい情報です。
★★★★★
素晴らしい。明快で、教育的で、研究され尽くされている。あなたの健康力を高める素晴らしい本。本の中のレシピにトライして、体が変化していくのを楽しんでいます。
Customer Voice
星4つ
★★★★☆
ちょっと複雑ではあるが、彼は医者だ。かなり読む価値がある。
Customer Voice
すごい一冊、体質を改善するための情報が満載
★★★★★
家庭での食生活の改善に役立ちました。
Customer Voice
★★★★★
★★★★★
今まで読んだ免疫に関する本の中でナンバーワン
Customer Voice
Dr.ファーマンはすごい
★★★★☆
もっとDr.ファーマンの書籍を読みたい。
Customer Voice
買って正解
★★★★★
有益な情報が詰まっており、読みやすく、健康を手に入れるための食べ物の事実を知ることができた。いい買い物でした。
Customer Voice

IMK Booksとは?


今、ここでしか手に入らない体験

私たちIMK Booksの本は、書店には並べていない特別なものです。どこの書店へ行っても並んでいませんし、Amazonでも販売していません。

私たちが運営する、このインターネット上のページでしか購入できないのです。

その理由は書店では決して味わえない体験をあなたに提供したいからです。

書店に行けば、沢山の本が積まれています。
もちろん、そこでの出会いも素晴らしいものです。

しかし、私たちIMK Booksは、それ以上の体験価値をあなたへお届けすることをお約束します。私たちは、出版社ではなくエデュテイメントカンパニーを目指します。

エデュテイメントとは、エンターテインメント(娯楽)とエデュケーション(教育)を掛け合わせた造語です。この言葉の意味は、本を手にとった人にしか分かりません。

IMK Booksは“新しい自分に出会える”体験をあなたへお届けする会社です。

ニューヨーク五番街の書店に魅せられて

夜7時、ニューヨークの街は寝静まる気配すらない。

この日は雨が降っていて、傘から見える視界を頼りに足早に目的地へと向かう。雨のニューヨークは、どこか寂しそうで、少しセピアで暖かさに包まれていた。

カップケーキを買いに行く途中に、雨宿りがてら偶然通りかかった本屋に入ることにした。

そこで私は大きな衝撃を受けた。いつも通り本屋へ入る感覚で、お店に入ったのが間違えだったのかもしれない。

目の前に広がるのは、まるで美術館に並ぶ絵画。日本の本屋で見たことの無いくらい美しくクールなデザインの本ばかり。

色使いや文字の配置、フォント、どれをとっても日本とは大違い。そして、私はこの衝撃的な出会いを機に1つの答えにたどり着いた。

私たちの本は、ニューヨークの本屋に並ぶ本のように書斎やリビングで飾りたくなるデザインにしようと。読み物としての側面と、アートとしての側面を持たせようと。

そのため、私たちIMK Booksが出す本の表紙には必要最低限の日本語しか載せないという大胆な決断をしました。(※中身は日本語です。ご安心ください。)

手に馴染む本をつくる

デザインだけではないです。
本の紙質にも大変こだわりました。

海外の書店に行くたびに本を触りました。

その本は、まるで生まれたばかりの赤ん坊のように希望に満ちて、歴史を刻もうという気概を感じ、良い意味で雑で、だけど力強く呼吸をしているように感じました。

日本にある表紙はハードカバーで紙も真っ白で硬い本とは全く別物。

私たちIMK Booksの本は、帯もついていなければカバーもない。そして、中身の紙も真っ白ではなく藁半紙のように手に馴染む紙を選びました。

きっと躊躇なくマーカーを引いたり、メモを書いたりできるはずです。
本は手にとった人によって表情を変えるものなんだ、という私たちからのメッセージです。

【ご注意】書店での販売はなく、当サイトのみの販売になります。また、この書籍は和訳書です。日本語でお読みいただけますので、ご安心ください。
お届けまでに1~3営業日いただいております。