目的は、ただ1つ
ぴんぴんな100歳を迎えよう
今すぐ無料説明会に参加する
Preventive Fitness検定は
こんな方にオススメです
競合トレーナーと差別化してキャリアアップをしたい
今行っているフィットネスの指導方法が正しいか不安だ
フィットネスについて、医師から専門的なことを学びたい
人生100年時代に突入し、37兆円市場へと拡大するヘルスケア産業で活躍したい
最新の予防医学を、医師から学びたい
実績のあるトレーナーから正しいフィットネスの指導方法を学びたい
すでにトレーニングを指導する立場にあって、トレーニングに必要な食事法を医師から学びたい
なぜ、Preventive Fitness検定が
選ばれるか?
1
医師が考案した
医学的エビデンスに基づいた
フィットネスメソッドを学べる
2
フィットネスの権威が
医師と共同開発したメソッドだから
医学的な知識がなくてもわかりやすい
3
最新のウェアラブル端末や、
検査ツールを活用した指導方法を
学ぶことができ直ぐ実践できる!

Preventive Fitness検定の
講師を紹介



一般社団法人 国際予防医学協会 理事長
白澤卓二

白澤抗加齢医学研究所所長、医学博士
お茶の水健康長寿クリニック院長
千葉大学予防医学センター客員教授

1958年、神奈川県生まれ。1990年千葉大大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。東京都老人総合研究所を経て 2007年~2015年まで順天堂大学教授。

専門は 寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。米国ミシガン大学医学部神経学客員教授、獨協医科大学医学部生理学(生体情報)講座 特任教授、日本アンチエイジングフード協会理事長。日本抗加齢医学会理事ほか、所属学会多数。著書は250冊を数え、累計で500万部を超えている。

一般社団法人 国際予防医学協会 トレーナー
斉藤邦秀

90年代よりスポーツトレーナーとして活動を開始し、アスリートや著名人のトレーナーを歴任。

スポーツ・フィットネス分野のスペシャリストとして様々な運動プログラムの開発、ヘルスケア事業のアドバイザリー、ジム開業・運営サポート、企業・学校・行政等での講演活動等を行っている。

トレーナー育成にも関わり、これまでに約5万人のトレーナーを育成。TV・雑誌の監修多数。雑誌Tarzanエクササイズの監修を22年務める。

<書籍等>
「フィットネスIQ」スキージャーナル社(2007)、「通勤ストレッチ」徳間書店(2013)、「美ストレッチ」マガジンハウス(2014)、「筋力トレーニング完全マニュアル」成美堂(2017)、「ボディメンテナンスエクササイズ」成美堂(2018)

<監修雑誌>
Tarzan、日経ヘルス、anan、monoマガジン、オレンジページ、女性自身、クロワッサンプレミアム、大人のカラダstyle…等多数

ヘルスケア産業は
37兆円市場になります


高齢化が進むに伴って、2030年にはヘルスケア産業の市場規模は37兆円になるといわれています。

今このページを見ている方の中にはトレーニングやフィットネスと聞くと、アスリートやボディメイクのためだと思う方も少なくないと思います。

しかし、高齢化が進んでいく社会では見た目を鍛えるトレーニングではなく、健康寿命を伸ばしていくためのヘルスケアとしてのフィットネスの需要がより高まっていきます。

だからこそ、市場規模が拡大するヘルスケア産業でいち早く活躍するためにも、医学的エビデンスのあるフィットネス方法が学べる「Preventive Fitness検定」で、ヘルスケアとしてのトレーニング方法と指導方法を学んで欲しいと強く思うのです。

その運動、カラダを壊してますよ


果たして、今のトレーニングやフィットネスの指導方法は正しいのでしょうか?

実は、約8割のトレーナーが間違った指導方法をしています。

実際に一部のトレーナーの指導方法を見てみると…負荷が強すぎて身体が壊れてしまうようなトレーニングをクライアントに教えています。

健康になりたいはずのクライアントに、怪我につながるようなトレーニングを教えてしまっているのです。

でも、トレーナーから指導を受けているクライアントは身体の知識がないから、いつの間にか身体を壊しているのです。

一度、身体を壊すと治すのは本当に大変です。

入院などで動けなくなると、筋肉は急速に落ちていきます。1日寝たきりになるだけでも、筋肉は14%も落ちてしまうんだとか。

人生100年時代といわれている今、60歳で身体を壊してしまうと100歳まで元気で生きるなんて無理なんです。

だからこそ、100歳まで無理なく続けられるトレーニング方法を学び、伝えていく必要があると思いませんか?

今、あなたの目の前にそのチャンスが間違いなくあります。

超高齢化社会で必要とされるのは
予防医学×フィットネス


さらに言えば、これからの超高齢化社会ではフィットネスだけでは、健康的な100歳を迎えることはできません。

もちろん、予防医学としての食事法だけでも無理です。

予防医学とフィットネス、どちらか一方では人生100年時代を生き抜くことはできないのです。予防医学とフィットネスが合わさって初めて、ぴんぴんな100歳を迎えることができるのです。

だからこそ私たちは、より多くの方に、生きがいをもった健康的な100歳を迎えてもらいたいと思い、食事からのアプローチとフィットネスからのアプローチを一度に学ぶことができる「Preventive Fitness検定」を設立しました。

このページを見ているあなたは気づいていないかもしれませんが…

このフィットネスブームは序章に過ぎません。フィットネスブームの本番はこれからです。

このページを見て、予防医学とフィットネスの重要さに気づいたのであれば、今すぐセミナーに申し込んでください。

ZOOMセミナーでお話する内容を
少しだけ公開すると…


各業界のTOPがタッグを組んで作り上げたメソッドとは
2025年高齢化社会
予防医学のマーケットは、2030年には35兆円
死因のひとつが運動不足である
運動不足の年齢層は20~40代女性である
運動=ハードなトレーニングとイメージがそもそも間違い
寝たきりになりにくい日常運動を紹介
トレーナーも含め、自分の今のカラダの状態を知らない人が9割
知識に偏りがある日本のフィットネストレーナー
自分のカラダは、医者や治療家やトレーナー任せにするのではなく、自分で管理すべし
自分のカラダが健康になれば、必然的に体重が減り、かつ、精神的にも前向きになり、自身の「生きがい」をみつけやすくなる

CHAIRMAN:TAKUJI SHIRASAWA

一般社団法人
国際予防医学協会 理事長
白澤 卓二

白澤抗加齢医学研究所 所長 医学博士
お茶の水健康長寿クリニック 院長
千葉大学医学部予防医学センター 客員教授
Residence of Hope館林 代表

1982年千葉大学医学部卒業後、呼吸器内科に入局。
1990年同大学院医学研究科博士課程修了、医学博士。

東京都老人総合研究所病理部門研究員、
同神経生理部門室長、分子老化研究グループリーダー、
老化ゲノムバイオマーカー研究チームリーダーを経て、
2007〜2015年まで順天堂大学大学院医学研究科、
加齢制御医学講座教授、海外での講義が好評を博す。

専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、
アルツハイマー病の分子生物学、アスリートの遺伝子研究。

300冊を超える著書から、累計販売数は500万部を超える。

INTERNATIONAL LIAISON ADVISOR:CHISATO MORI

一般社団法人 国際予防医学協会
国際リエゾンアドバイザー
森 千里

千葉大学 大学院医学研究院 教授
千葉大学予防医学センター センター長

1984年旭川医科大学卒業、同年京都大学医学部助手。
カナダマニトバ大学医学部客員講師、
米国国立衛生研究所客員研究員、京都大学助教授を経て
2000年に千葉大学医学部教授に就任。
2001年より千葉大学大学院医学研究院環境生命医学教授。
2008年より千葉大学予防医学センター長兼任。
専門は、環境生命医学、発生学、解剖学。
著書に「鷗外と脚気」(NTT出版)等。

LECTURER:YOSHINORI NAGUMO

一般社団法人 国際予防医学協会 講師
南雲 吉則

ナグモクリニック総院長
医療法人社団ナグモ会理事長
近畿大学医学部非常勤講師
韓国東亞医科大学、中国大連医科大学 客員教授

LECTURER:KAZUYO KATSUMA

一般社団法人 国際予防医学協会 講師
勝間 和代

中央大学ビジネススクール客員教授
経済評論家

LECTURER:HITOSHI SUGIURA

一般社団法人 国際予防医学協会 講師
杉浦 仁志

(株) ONODERA GROUP Executive Chef
Residence of Hope館林 Executive Chef
DMM.Plant-based エグゼクティブアドバイザーシェフ
一般社団法人J Vegan協会 副会長 兼 Executive Chef

LECTURER:KUNIHIDE SAITO

一般社団法人 国際予防医学協会 講師
齊藤 邦秀

全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA)日本支部 副代表
公益財団法人日本健康スポーツ連盟日本メディカルフィットネス研究会委員
ドイツ・ライプチヒスポーツ科学交流協会理事
有限会社Wellness sports 代表取締役
株式会社グローバルプランニング顧問

OUR MISSION

無料カウンセリング

無料カウンセリングの申し込みはこちらから

よくあるご質問


フィットネス関係者ではない私でも理解できる内容でしょうか?

医師博士 白澤卓二氏とトレーナー斉藤邦秀による一般の方向けの内容となっています。参加者の中には、トレーナーなどフィットネス関係者の方もいらっしゃいますが、主婦、学生、会社員など様々な職業の方にご参加頂いております。

私たちは、初心者の方にも理解できる内容をつくっています。もし、分かりにくいところがありましたら遠慮なく質問をしてください。可能な限り分かりやすく、ご説明させて頂きます。

初心者の私でも参加して大丈夫でしょうか?

もちろんです!「Preventive Fintness」は新しいトレーニング方法・指導方法です。参加者全員がはじめて学ぶことばかり、あなたと同じように不安もあるかもしれません。

でも、その胸の高鳴りは不安ではなく、期待の高鳴りではないか?と自問自答してみてください。ぜひ、初心者の方もお気軽にご参加ください。

忙しいトレーナーの私でも出来ますか!?

はい。取り組むことができます。毎日の通勤時間や余暇時間の30分を学習に活用できる人であれば、継続して結果を残すことができています。

専門的なスキルは何も知らない初心者ですが大丈夫ですか?

はい。逆に専門的な知識を持っていない方が、固定概念もなく1から吸収することができることで、結果を出すまでのスピードが早かったりします。

【 料金 】

①自分の体を受け止めらるようにする!
②両足で素早く踏ん張れるようになる!
③片足で踏ん張れるようにする!
④体を感じる!
⑤上肢、体幹、下肢をコントロールする!
⑥片足立ちでの動きをコントロールする!
⑦呼吸を改善する!
⑧自然な背骨の動きを取り戻す!
⑨股関節と背骨の動きを連動させる!
⑩Vステップ インターバル!    etc

【 料金 】

〜自分の力で立つ〜
①足首の機能を取り戻す
②膝関節の安定性を取り戻す
〜自分の力で歩く〜
①股関節の機能を取り戻す
②骨盤の機能を取り戻す
〜体幹を使った動作〜
①腰椎の安定性を取り戻す
②胸椎の機能を取り戻す
③頸椎の安定性を取り戻す
〜身体の連動性を取り戻す〜
①肩関節の機能を取り戻す
②肘関節の安定性を取り戻す
③手首の機能を取り戻す